明日葉青汁ランキング | 美味しい明日葉青汁はコレです!!

明日葉青汁ランキング | 美味しい明日葉青汁はコレです!!

HOME | 管理会社 | サイトマップ
お気に入りに追加

明日葉ってどんな野菜?健康と美容のために摂りたい明日葉の秘密

明日葉は日本原産でセリ科の植物です。草丈は1mほどに成長し、寒さに弱い性質があるため房総半島や伊豆半島などの温かい地域で自生しています。食用では天ぷらなどによく利用され、明日葉の青汁やサプリメントなどの健康食品にも加工されています。
茎を切ると黄色い汁が出てきますが、これにはカルコンと呼ばれる明日葉特有の成分が含まれています。カルコンは、その機能性と色から、「黄金のポリフェノール」と呼ばれています。

年齢を重ねると悩みがちな、生活習慣の乱れから溜まる健康不安に役立つと言われています。
さらにその働きは、大豆に含まれるイソフラボンと相性が良いという研究結果も報告されています。

他にも豊富な食物繊維による、すっきりサポートやビタミンやミネラルが多いことから活力サポートにも用いられています。

このように、明日葉には、毎日どんよりしがちな方、めぐりの良い毎日を送りたい方に役立つ栄養素が豊富に含まれています。

参考:http://www.takara-metabo.com/metaboloop/ashitaba.html


明日葉青汁ランキング
美味しい明日葉青汁はコレです!!

1位 ホコニコのこだわり酵素青汁

価格 3,200円+税
容量 30包
1日分のコスト 約107円
成分 大麦若葉、黒糖、ハチミツ、オリゴ糖、穀物発酵エキス、植物発酵エキス、明日葉、桑の葉、ケール
美味しさのポイント 青臭さがあまりなくすっきり飲める
詳細 ホコニコのこだわり酵素青汁は、明日葉以外にも大麦若葉や桑の葉、ケールも配合されているため栄養価が高く食物繊維がたっぷり!飲みやすさにも定評があります。その秘密ははちみつや黒糖の配合で絶妙なバランスでほんのり甘く美味しく飲めます。
注目すべきポイントは酵素。
身体に必要な栄養素である酵素が139種類も配合されています。青汁の効果のみならず酵素の効果にも期待ができます。たくさんの効果を実感したいという方にとてもおすすめです。

お申込みはこちら詳細はこちら

2位 極の青汁

価格 3,600円+税
容量 30包
1日分のコスト 120円
成分 大麦若葉、明日葉、ケルセチンプラス、煎茶、抹茶、フラクトオリゴ糖、ガラクトマンナン他
美味しさのポイント サントリーだからできる美味しさ
詳細 清涼飲料水メーカーとしても知られるサントリーが作った青汁で、煎茶や抹茶などを加え飲みやすさにこだわっています。原料は国産の大麦若葉と明日葉で、この2つの野菜の栄養を凝縮した青汁です。野菜のポリフェノールの吸収力を高めた青汁となっています。

お申込みはこちら詳細はこちら

3位 ふるさと青汁

価格 3,420円+税
容量 30包
1日分のコスト 114円
成分 明日葉、桑の葉、大麦若葉
美味しさのポイント 飲みやすい明日葉の青汁
詳細 明日葉を主原料として、桑の葉や大麦若葉をブレンドした青汁です。3つの青汁の原料をブレンドすることで、癖のある明日葉の青汁を飲みやすくしています。明日葉はケールより栄養素が豊富で、カルコンやカリウムなどの栄養摂取ができます。様々な健康対策やスッキリ目的としておすすめです。

お申込みはこちら詳細はこちら

4位 明日葉青汁<顆粒タイプ>30包

価格 2,125円+税
容量 30包
1日分のコスト 70.8円
成分 明日葉、デキストリン
美味しさのポイント 明日葉のみのシンプル青汁
詳細 明日葉のみをシンプルに配合し、顆粒状に加工した青汁です。明日葉の栽培生産量トップのタカラバイオが製作している商品で、経験豊かな契約農業にて明日葉が作られています。化学肥料は一切使用せず、澄んだ水と豊かな土にて栽培されています。明日葉のカルコンを摂取したい方に最適です。

お申込みはこちら詳細はこちら

5位 キトサン明日葉青汁

価格 2,519円+税
容量 30包
1日分のコスト 251.9円(3袋の場合)
成分 有機明日葉末、還元麦芽糖、キトサン、ショ糖、抹茶、黒砂糖、スピルリナ末、増粘多糖類
美味しさのポイント トクホの青汁
詳細 特定健康食品の認可成分であるキトサンを配合した青汁で、コレステロール対策に使うことができます。青汁の原料は有機栽培の明日葉を使用し、青汁とキトサンの2つの健康効果を実感できます。コレステロール対策なら1日3袋が目安で、水やお湯に溶かして飲むタイプです。

お申込みはこちら詳細はこちら

6位 青汁 鹿児島 明日葉 100%

価格 1,111円+税
容量 100g
1日分のコスト 不明
成分 明日葉
美味しさのポイント 明日葉のみ100%の青汁
詳細 鹿児島県産の明日葉のみを原料にした、甘味料や香料など一切含まれていない、天然素材だけの青汁です。シンプルな成分となっているため、牛乳やジュースなど好みで調節しやすく、小袋包装ではないため好みの量を調節できます。

お申込みはこちら詳細はこちら


毎日続けられる!明日葉青汁の選び方

その① 飲みやすいものを選ぶ

明日葉は独特のクセがあるため、食用では天ぷらなどによく利用されています。薬草的な存在でお店では売られており、葉や茎には苦味や渋み、独特の香りがします。食べる頻度が高い八丈島でも子ども達が食べる割合が減っており、この苦味を苦手とする人も多いくらいです。
明日葉の独特な香りやクセはセリ科の植物を思い浮かべるとよくわかります。この香りの正体はフィトケミカルの一種であるクマリンです。爽やかな香りは一度ハマるとクセになる人もいるようです。
このように独特の味と香りがする明日葉ですから、青汁に加工すると多少青臭いと感じる人もいます。そのため明日葉の働きを利用したいなら、飲みやすく加工されている明日葉の青汁を選ぶことがポイントになります。抹茶味や甘味を付けたものは飲みやすくなります。


その② 成分が充実しているものを選ぶ

明日葉のパワーのもとといったら「カルコン」です。明日葉の茎を切ると黄色い汁がにじみ出てきて、この成分が明日葉の健康パワーのもとともいえます。カルコンはポリフェノールの一種で、明日葉独自の成分です。このカルコンは様々な健康に関する研究が行われており、明日葉を飲めば健康維持に良いともいわれています。
そのため明日葉の青汁を選ぶなら、このカルコンの量が多く配合されているものを選びましょう。生活習慣を見直したい方、丈夫な日々を過ごしたい方、いつまでもイキイキいたい方などにおすすめの成分です。
他にも明日葉は豊富な栄養が含まれており、食物繊維やカリウム、βカロテン、ビタミンK、ナイアシンなども多く含まれています。


その③ 続けやすい価格のものを選ぶ

青汁は1杯あたり100円~200円程度の商品が多くなっています。1ヶ月あたりで換算すると3,000円~6,000円程度で続けられる計算になります。この価格ならサプリメントや野菜の値段と比較しても負担が少なく、毎月続けられると考える方が多いようです。
しかし、青汁は1ヶ月や2ヶ月など短期間で健康や美容メリットが得られるわけではありませんから、できるだけ安く続けやすい値段であることに越したことはありません。毎月購入しやすい価格でいえば100円台といえるでしょう。これならスムージーの代わりとしてもお手ごろ価格で、サプリメントや大量の野菜と比べてもリーズナブルです。野菜は冬になると高騰する傾向がありますから、1杯100円台なら栄養補給アイテムとして嬉しい価格です。



明日葉そのものの味は?実は美味しくはないのです。。

明日葉は実はあまり美味しい植物ではありません。軽い苦味とセリ科の独特の香りがあるからです。体に良くてもあの独特の苦さは苦手と感じる人が多いのが実情です。明日葉はその苦味を生かし、春の味覚として天ぷらで食べられています。油との相性が良く、山菜はそのまま食べられなくても天ぷらにすると食べられるのと同じです。
明日葉の旬は2月~5月頃でまさに春の味覚のひとつです。葉が痛みやすいことから市場にはあまり出回っておらず、青汁の原料としてよく使用されています。


明日葉青汁でも美味しい青汁はある!!その理由は?

苦味や独特の香りが苦手という明日葉でも、青汁に加工する際には飲みやすさが大切です。そのため青汁メーカーでははちみつ、黒糖などを混ぜて飲みやすさを出した商品開発がされています。
明日葉は少し苦味があるため、甘味を加えたほうが飲みやすくなります。はちみつ、黒糖、バナナ、ヨーグルト、豆乳などとも相性が良くなっています。青汁を選ぶ際にははちみつなど糖分が添加されているものを選び、さらに飲みにくいなら青汁にヨーグルトや豆乳、牛乳などを混ぜるともっと飲みやすくなります。乳製品を加えると味がまろやかになるため苦味を抑えることができます。
バナナやリンゴなどをミキサーで混ぜ合わせ、それと明日葉の青汁を混ぜ合わせても美味しく飲めます。


ダイエット時の栄養補給におすすめ

明日葉はたくさんの食物繊維が含まれているため、食前に飲むことで食べ過ぎることを防ぐのに役立ちます。
また、明日葉はカリウムやビタミンなど豊富な栄養素を含むためやダイエット時の乱れがちな栄養バランスをサポートしてくれます。

※ダイエットとは、適度な運動と適度な食事制限が必要です。
 青汁を飲むだけで痩せるということはありませんので、ご注意ください。

豆乳や牛乳に混ぜて飲むと、まろやかな味わいで満足度も上がるのでオススメですよ。

青汁は食品なので、飲む時間が決められてはいないため食前・食後・間食時など、お好きな時間に飲むことができます。
飲む時間よりも、毎日飲み忘れないような時間帯を選んで継続して飲み続けることが大切です。


家族みんなで飲むメリット

青汁は年齢を問わず家族みんなで飲みたい健康食品です。なぜなら食生活は家族でも似やすく、1人だけが栄養不足であることは考えにくいからです。さらに青汁に含まれるビタミンやミネラルは年齢を問わず必要な栄養素で、食物繊維も男女に関係なく摂取したい栄養素だといえます。
家族みんなで青汁を利用するなら一番に飲みやすいことが条件として挙げられます。さまざまな世代が飲むことも考えられ、世代により味の感じ方が違うからです。比較的多くの方が、野菜に含まれるわずかな苦味でも受け付けないことが多いのです。青汁をりんごジュースでわったりと飲みやすい工夫をしてみましょう。
そして第二に粉末で加工しやすい青汁であることです。苦手な人にスイーツや料理に混ぜてあげたり、女性は美容対策のために豆乳で割るなど調節しやすいからです。青汁は何もそのまま飲む必要は無く、他の食品を加えて利用しても良いのです。粉末なら食品と混ぜやすく利用しやすいでしょう。


要チェック!明日葉青汁ランキング