ふるさと青汁 | 美味しい明日葉青汁はコレです!!

ふるさと青汁

HOME | 管理会社 | サイトマップ
お気に入りに追加

明日葉青汁のいろんなこと

ふるさと青汁

明日葉の栄養がぎっしりの青汁

明日葉と桑の葉、大麦若葉と3つの青汁の原料を使用した青汁です。
食物繊維とビタミン・ミネラルなど女性に嬉しい成分が多い明日葉は、八丈島産のものを使用しています。ケールより栄養価が優れ、スッキリ対策としても注目されている原料です。明日葉特有のカルコンやカリウムの作用により、様々な健康対策や美容にも使うことができます。カルコンを最も多く含む貴重な根っこまで使用し、明日葉の栄養をまるごと摂取することができます。
さらに桑の葉は島根県産、大麦若葉は熊本県産と、国産原料にこだわって作られています。これらは農薬や化学肥料などに頼らず栽培し、安心して飲める青汁を探している方にも最適です。各原料は厳選された農家のみで栽培しています。


3つの原料で飲みやすい青汁

明日葉の青汁はセリ科の独特な味が気になる方もいます。しかし、この青汁は明日葉独自の苦味や青臭さを押さえるため、桑の葉や大麦若葉をブレンドすることで飲みやすい味に仕上げています。
通常の明日葉はセリ科特有の爽やかな香りがあり、ヨモギのような香りがします。そして苦味は乾燥させることで強くなるため、青汁に加工すると飲みにくいと感じる人もいます。この青汁は甘味のある桑の葉と飲みやすいといわれる大麦若葉を独自ブレンドし、毎日続けやすい癖の無い味になっています。
この3つの青汁をブレンドすることで抹茶風味で口当たりがよく、牛乳やヨーグルトなどに混ぜ合わせやすい青汁に仕上げられています。お菓子や料理との相性もよく、子どもから大人まで飲みやすくなっています。


詳細情報

価格 3,420円+税
容量 30包
1日分のコスト 114円
成分 明日葉、桑の葉、大麦若葉
美味しさのポイント 飲みやすい明日葉の青汁
詳細 明日葉を主原料として、桑の葉や大麦若葉をブレンドした青汁です。3つの青汁の原料をブレンドすることで、癖のある明日葉の青汁を飲みやすくしています。明日葉はケールより栄養素が豊富で、カルコンやカリウムなどの栄養摂取ができます。様々な健康対策やスッキリ目的としておすすめです。


口コミ

アレルギー対策に買いました20代 アトピーさん

アレルギーは腸の環境が悪いと聞いたので、青汁を飲むことにしました。今までは野菜を使ったスムージーで対策していたのですが、あまり効果を実感することはありませんでした。肌とかの状態は良いけど便秘改善効果はイマイチ。青汁のほうがすっきり効果は高いみたいです。アレルギー対策はまだカンペキではないのですが、腸の状態は確実に良くなってきています。


半年くらいリピート50代 ビューティさん

毎日たっぷりの野菜を食べたいと思っていても、外食が多い私は達成できていませんでした。野菜は体には必要だとわかってはいるのですが。そこで青汁を半年くらい続けています。明日葉が入っているのが良いのか、翌朝にはスッキリするように変わりました。水にも溶けるし、苦味もあまり感じません。葉っぱのような味は感じます。


ポリフェノール入りが嬉しい30代 麻子さん

青汁といえばケールのイメージでした。これは明日葉などが入っているそうで、カルコンというポリフェノールが気になります。アンチエイジングにもなるし、水に溶かすとお茶みたいな味がします。毎日飲むとスッキリと出るし、ビタミンやミネラルの補給にもなっています。今のところ体重は変わっていません。体によいものなので続けます。



要チェック!明日葉青汁ランキング